関西のワンルームの家賃相場

これから一人暮らしを始める場所を、関西圏でお考えの方はおられるでしょうか。

やはり関西と関東では家賃の相場も違ってきますので、今回は関西圏の家賃の相場を見ていきましょう。

これは関西だけでなく、どの地方でも言えるのですが、家賃はやはり地域や町などによってかなり相場の変動があるものです。

また最寄り駅や沿線によっては、交通が不便だったり、間取りが手狭だったり、色々とあると思います。

当然、便利であれば家賃は高くなり、部屋の築年数や広さなど、エリアが同じでも設備によって家賃は変わってきます。

まずざっくりとした目安で、大阪市内の中心地の物件ですが、大阪市内中心地でワンルームとなると、6畳ほどでバス・トイレ別の物件で、およそ相場としては6万円から7万円くらいになると思います。

そして当たり前のことですが、市内の中心部から遠く離れれば離れるほど、家賃は下がっていく傾向にあります。

また関西圏で一人暮らしの物件を探す場合に、知っておきたいことが1点あって、それは、敷金についてなのです。

日本では全国的に見て、敷金の相場は西高東低と言われており、関東圏に比べると、関西圏の敷金は割高になっている場合が多いのです。

普通、関東や都内ならば、敷金は1~2ヶ月分が相場だろうと思いますが、関西の場合、それがぐっと上がって、3~4ヶ月分が当たり前になってきます。

それというのも元々関西には「敷引き」という習慣があり、最初から決められた額を、リフォームや修繕代として退去する時に支払うというシステムがあるのです。

とはいえ最近は、敷引きがない物件も多くなってきており、関東圏でよく聞く「更新料」がないので、その分長い目でみると安上がりになるパターンもあるのです。

そういうわけで物件探しの際には、契約時や退去時に必要な費用を、きちんとチェックして計算するようにしましょう。