関東のワンルームの家賃相場

年末や年の初めなど、区切りの時期になると、引越しを考える方も多くなってくると思いますが、物件を探す際に気になるのは家賃相場ではないでしょうか?

そこで今回はざっくりとではありますが、関東圏や東京の家賃相場についてご紹介したいと思います。

手始めに東京の話からスタートしたいと思いますが、まず東京の電車の路線図を思い浮かべてみてください。

東京で一番家賃相場が高いのは、あの路線図の内側、すなわち山手線の内側になります。

この山手線内側エリアに住みたいとなれば、おそらく7万円以下で一人暮らし向けのワンルームを探すのは、かなり難しいと言わざるを得ません。

特にこのエリアは渋谷区・目黒区・品川区の3区、誰もが憧れるような花形のエリアが揃っているので、どうしても家賃が高くなりがちです。

またもしこのエリアで7万円以下の物件があったとしたら、それは何かしら、家賃を下げざるを得ない条件があるような部屋である可能性が高いです。

しかし希望エリアを少し広げて、山手線内のエリアから少し外れるだけで、6~7万円くらいで一人暮らし向けのワンルームの部屋を探すことも可能になってきます。

もちろん23区内でも、その区域によって家賃の差はあると思いますが、中でも比較的、家賃相場が安い区としては、足立区・北区・荒川区・葛飾区などがあげられるでしょう。

また23区内から外れて市内に入るような中央線沿いでも、7万円以下の物件を見つけることは難しくありません。

さらに都心からは少し離れてしまいますが、埼玉県の川越なども家賃相場が安く、6万円くらいで物件を探すことが出来るでしょう。

川越は埼京線を使用すれば、新宿や池袋までそれほど時間はかかりませんし、家賃の割りに便利なエリアと言えます。

また同じ埼玉県内で6万円前後の物件をとお考えならば、東武伊勢崎線を利用して、草加方面も良いかもしれません。