ワンルームにふさわしい家具とは?

単身者の借りる部屋となると、やはりワンルームがほとんどだと思いますが、そんな部屋にも合う家具は、高さが低い家具です。

目安としては、立ち上がった状態で手を水平に上げ、家具に当たらないぐらいの高さの家具であれば、目線もスッキリして部屋全体が広く見えるはずです。

そういった目線から現在人気なのが、ベッドにもなるソファーベッドです。

特にローソファーであれば部屋も広く見えて、ワンルームでもゆったりと寛ぐことができますよね。

加えてテーブルも一人暮らしの必需品ですが、部屋が広く見えると言う点で、こちらもローテーブルが人気です。

中には引き出しが付いたテーブルや、中が見えるディスプレイ可能なテーブルなど、お洒落なものが揃っています。

またその際、簡単に折り畳みができるタイプのテーブルを選ぶと、必要ない場合には片付けることができ、スペースが有効に使えます。

さらにオシャレな家具を揃えたとしても、ワンルームに物が溢れていては、雑然とした印象になりますので、購入する家具はあくまでも必要最低限に、部屋をスッキリさせることを念頭におきましょう。

そして家具を購入する際に、特に注意が必要なのが、家具のサイズをきちんと計ることで、見た目の印象だけに頼ってお店で家具を見ると、フロアが広く天井も高いので、実際よりも小さく見えてしまうことがあります。

そのまま購入していざ配送されてみると、エレベーターや玄関に入らない、ベッドとテーブルだけで部屋がいっぱいになってしまった、など失敗してしまうことも少なくないのです。

ですから気に入った家具を見つけたら、まずそのサイズを確認して、ちゃんと部屋に収まるのか、どれくらいのスペースが必要なのかをチェックすることが大切です。